PS3が発売以来のメジャーアップデート

PS3(プレイステーション3)が、ファームウェアがバージョンアップ♪


PS3発売以来の公式アップデートですから更新するのをオススメ


では、ファームウェアのバージョンが1.8になってどんなことろが変わったかご紹介します。


PS3(プレイステーション3)のバージョンアップに興味のある方はコチラからどうぞ♪
↓↓↓

PS3 プレイステーション3
PS3(プレイステーション3)がバージョンアップ



■DVDのアップコンバート出力

「待ってました」のアップコンです。

今回のバージョンの注目すべき機能でもある、DVDの映像をフルHD解像度にアップします。


分かりやすく言うと、DVDの画像をBD(Blu ray)やHD DVDといった次世代DVD作品と同じ解像度に、変換してくれるすばらしいシステムです。


プロジェクターや薄型の大画面TVでも、フルHD(ハイビジョン)対応の機種が、増えています。


今回のPS3のアップデートで、フルHDで楽しむ為にわざわざ、高価なBD(Blu ray)やHD DVDといったプレイヤーを購入しなくても、PS3という格安のプレイヤーでフルHDが楽しめますよ。


もちろんPS3(プレイステーション3)は、ゲーム機ですから普段はゲームを楽しみ、映画をみたい時はDVDをより高画質に楽しむことができるので、実はとてもお買い得なハードウェアなんですね♪


BD(Blu ray)やHD DVDは、本体がまだまだ高価なうえ、ソフトも少なく、新しいもの好きやマニアでなければ、無理してまで購入しようとは思わないと思います。


実際 僕も値段やソフトが少ない理由以外に、LGやサムスンなどの韓国メーカーが、コンパチドライブを発表するなど統一される様子が、感じられませんので、今すぐ次世代DVDに以降はなかなかできない状況ですね♪


せっかくコレクションしたDVDも次世代DVD並みの高画質で、楽しむことができますね。



PS3のDVDアップコン機能ですが、実は単純に縦横を補完している訳でも多次元補完おこなっているのではなく、映像内容を瞬時瞬時に分析して、テクスチャーや動画部分、斜め線、ノイズなどを検出。
次に画像のノイズをリダクションし、動画部分と静止部分、斜め線部分などをそれぞれ別々のアルゴリズムでアップサンプリング。
部分ごとにノイズを抽出した後で、合成して映像を再構築しているのだそうです。
posted by 爆弾男 at 21:46 | 娯楽作品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。